カテゴリ:


今日は星乃珈琲店でお茶を頂きながら
楽しい考えごとをしています(*´꒳`*)♪

メインは旅について。
今年の初旅は、
ずっと興味のあった中国に行くことにしました!!✨

7/22(土)・7/23(日)に、
東京ビッグサイトで開催される
"HandMade in Japan Fes 2017"に
出展するので、
もうしばらくしたら余裕がなくなっているだろうことを想定し、
今回は短めの旅✨

まだ先になりますが、
今からとっても楽しみです!!

先ほど購入したガイドブックを眺め
にやにやしながら想像を膨らませています❤︎

こうやって旅先で回る場所を
リサーチしたり、
プランを立てる時間が
一番幸せかも…(*´꒳`*)❤︎


わたしが旅に求めているのは、
その国に実際に住んでいる人々や
街のエネルギーを肌で感じることです。

街にはそれぞれ固有の色(空気感)があって、
その"色"を捉えることが
自分の旅の楽しみ!!


話は変わりますが、
未来にワーイな予定をバランスよく入れていくと、
日々のワクワク度が増して
毎日ワーイになりますね♪

いい感じにドーパミンが分泌されて
目覚めもいいし!!

楽しいことは万能です(*´꒳`*)❤︎




久しぶりのカフェめぐりシリーズです♪

前回予告したとおり、
温泉地で文豪に思いを馳せながら
くつろげるカフェをご紹介したいと思います


約400年の歴史を持つ群馬県渋川市の伊香保温泉。
伊香保温泉の観光名所といえば、石段街です♪
IMG_6736
365段の石段には、
「温泉街が1年365日、にぎわうようになってほしい」
という繁栄の願いが込められているそうですよ


・・・さて、こちらの石段を上っていると、
ちょうど中間地点の右手側に、
貫禄のある門構えの旅館が現れます!
IMG_7258
『千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)』

なんと室町時代から続く
創業500年の老舗旅館です!!

室町って・・・
足利将軍家の時代ですね

きゃ〜!想像が膨らみます!!


IMG_7276
千明仁泉亭は、
明治時代の文豪「徳冨蘆花」が愛した旅館で、
徳冨蘆花の作品『不如帰』の冒頭にも
こちらの旅館が登場するそうです


IMG_7277
今回は千明仁泉亭に併設された
『カフェ&バー樂水樂山(らくすいらくさん)』さんに
お邪魔しました


IMG_7304
昼はカフェ、夜はバーとして営業。

バータイムには、日本女性初のバーテンダーと言われる
上田尉江(やすえ)さんのカクテルが味わえるそうですよ
一度、夜にもお伺いしてみたいなぁ


IMG_7306
店内には、バッグ、器、アクセサリーなど
様々な作家さんのハンドメイド作品が展示してあり、
購入することもできます。

お茶の合間に、
ここでしか出会えない一点ものを
探す楽しみもありますね♪


IMG_7294
カフェの窓から見える景色。
山と空がこんなにも近いなんて。


IMG_7299
そこはかとなく漂う歴史の香りを感じながら、
言葉をまとめたり、考えに耽ったりする時間・・・

旅で味わう最高の贅沢が
ここにありました。



【カフェ&バー樂水樂山】
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保45
電話:0279-72-3355
営業時間:9:00〜18:00(カフェ)/ 18:00〜25:00(バー)
千明仁泉亭公式サイト


 

セブンイレブンのレジ前で、
「マジパン入り !」とかいてあるPOPが目に飛びこんできたので
思わず買ってしまいました

2017-02-23-02-23-36

チロルチョコ『モーツァルトチロル』

オーストリアのスイーツ「モーツァルトクーゲル」を
再現したのこと。


2017-02-23-02-23-04
おお!チョコのなかに
マジパンがしっかり入っています

お味はなかなか!


実はわたし、ドイツに行って以来、
マジパンが大好きになってしまったんですよ〜

パジパンはアーモンドプードル・
粉糖・卵白を練り合わせて作るもので、
舌触りを例えるなら、白あんのようなような感じ
杏仁豆腐やアマレットリキュールのような香りがして、
そのまま食べたり、お菓子に練り込んだり、
薄く伸ばしてケーキにかぶせたりします。

日本で"マジパン"というと、
ケーキのデコレーションでつかう
"マジパン細工"の印象が強いので、
「食べて美味しい!」というイメージは
あまりないかもしれませんが、
ドイツには、
風味抜群の美味しいマジパン菓子が
たくさん売っているんです
(細工用のマジパンと、製菓材料のマジパンは、 配合が違うそうです!) 

こちらは、
ドイツ・ベルリンのデパートにある
お菓子売り場
2016-11-03-00-42-40

2016-11-03-00-43-18
マジパン発見!
こちらはオーソドックスなマジパン菓子です♪

可愛い〜

最初見たときは
「これなんだろう??」と
疑問に思っていたのですが、
いろいろな所で見掛けるうちに、
これがマジパンだということがわかってきました  

ドイツではとってもポピュラーなお菓子なんですよね!


2016-11-01-02-10-05
↑この写真の中にもマジパンがあります!
どれでしょう??


image
以前ブログでもご紹介した
老舗のバウムクーヘン屋さん"ブッフヴァルト"
で頂いたバウムクーヘンケーキ。

このケーキの表面にコーティングされているのは
マジパンです

そういえば、クリスマスのケーキ"シュトーレン"にも
マジパンが練り込んでありますね!


最後はドイツで見つけた
楽しいマジパン細工をご紹介します
IMG_2614
これマジパンのいちごタルトです!!
樹脂粘土のスイーツみた〜い 


お次はドイツらしいソーセージのマジパン
IMG_2615

IMG_2616
すっごいリアルです


IMG_2613
パーティーのお料理!

IMG_2617
フライドポテト!!

IMG_2612
野菜まで!!

IMG_2611
 焼き菓子風のマジパン  可愛い!
美味しそうです


以上、ドイツ・ベルリンで見つけた
マジパン色々〜でした♪

ああ!マジパン食べたい 





今日は、オーダーを頂いていたハンバーガーを作っていました✨
前回より、ほんの少し小さいサイズです。
ちょっと小さいだけで、難易度もアップ・・・!!

明日完成予定です❤︎

以前ハンバーガーを制作してから、
一ヶ月ほど経っていたので、
作る前にもう一度ハンバーガーを食べに行き、
モチーフの詳細を確認してきました✨

ハンバーガー大好きー(*´꒳`*)❤︎


ハンバーガーといえば、
去年ハンガリーのブダペストに行った時、
ホテルの近くで見つけたハンバーガー屋さんのハンバーガーが
とっても美味しかったことを思い出します✨

ブダペストの中心地Deák Ferenc tér (デアーク・フェレンツ)駅から、
徒歩1分にある "BURGER MARKET "
というお店です♪

お肉の種類からソース、トッピングまで、
ハンバーガーの中身を細かくカスタマイズ出来るのがポイント❤︎

バンズもパテもチーズも
質がよくて美味しいの!!


こちらはカマンベールチーズ入りバーガー☆
(かたちが少しミカエルバーガーに似てるかも?!)

くぅぅぅー!!
お腹空いてきたぁ!!

写真ではサイズ感が分かりにくいですが、
日本の一般的なハンバーガーよりも
ちょっと大きいです。

余談ですが、
ドイツのハンバーガーはスモールサイズでもびっくりするほど大きくて、
食べるのに苦労しました!!

ドイツでハンバーガーをオーダーする際は、
キッズサイズをオススメします・・・! 



ブダ城から見た街。

ブダペストのレストランは調理レベルが高く、日本人に合う味付けで
お料理が本当に美味しかったので、
次回はひたすら食べ歩きしたいです❤︎




「ジャム」という存在が好きです。

色鮮やかなジャムをひと匙
とろ〜りとのせると、
そこからキラキラと夢が溢れてくるの!

ジャムのある風景はいつでも
わたしの胸をときめかせてくれます。


とは言いつつも、
実際ジャムを食べるのが好きかというと
そうでもなかったりするのです。。。

パンケーキとパンに塗るのは
バターだけでいい。

ヨーグルトに入れるのはハチミツ。

紅茶にジャムは入れません!

(ジャムクッキーは好き❤︎)


・・・でもね、ジャムにも例外があって、
人生で初めて「なんて美味しいのだろう!」と、
味覚で感激したジャムがあります。

それが、以前ドイツのミュンヘンでお世話になった
シャルロッテさんお手製のオレンジジャムです✨


(シャルロッテさん宅の朝食テーブル。)

普段、ジャムを好んで食べないわたしが、
初めてハマったオレンジジャム。

口にする前は、
マーマレードかな?と思っていたのですが、
いわゆるマーマレードとは全然違う味なんです!!

市販のマーマレードは夏みかんなどが入っていて、
皮の苦味を感じますが、
オレンジジャムはオレンジ100%で、
苦味がほぼありません。
オレンジジュースのように
とーーってもジューシー!!

すっごく美味しくて止まらないの!!


(シャルロッテさん❤︎地下室にて。)

棚の上に見える瓶は、
全てシャルロッテさんが作ったジャム✨

ジャム瓶ひとつひとつに、
果物の名前と製造日が書かれた
可愛いラベルが貼られています。

地下室に手作りのカラフルなジャムがある風景・・・
ああ、憧れるぅぅー!!


・・・というわけで、
シャルロッテさんのオレンジジャムの虜になってしまったわたしですが、
日本に戻ってからはオレンジジャムを口にすることはなく、
再びパンにはバターの生活を送っていました。


が!ついに、見つけましたよー(*≧∀≦*)!!


じゃーん!
アヲハタさんの、
『まるごと果実 』シリーズのオレンジジャム!!

もしかして?と思ってふと試してみたら、
あのオレンジジャムのような味でしたーー!!(*≧∀≦*)

砂糖不使用だそうですが、
甘さはしっかりあります☆


ジャム、つけすぎ?!
いえいえ、オレンジジャムは、
「ジャムを食べる」くらいの勢いで、
たっぷりのせて頂くことを推奨致します!!

ャルロッテさんがオレンジジャムに使用していたのは、
BIOオレンジと砂糖のみだったので、
全く同じ味とはいきませんが、
それでもかなりいい線いってました❤︎


シャルロッテさんお手製ジャムを彷彿とさせるような
アヲハタさんの『まるごと果実』シリーズ、
もしピコーンときましたら、 お試し下さいね(*≧∀≦*)



旅レポシリーズです☆

最近、フランスに行きたくて、
カナカナとパリに行った時の写真を見ていたら、
まだブログに載せていなかった画像が色々と出て来たので、
今回は、パリ最大級の蚤の市 "クリニャンクールの蚤の市"の様子を
ご紹介したいと思います



こちらは"クリニャンクールの蚤の市"のマップです。
image
一般的な蚤の市と違って、
まるでモールのように、
お店が整然と並んでいるのがわかります。

『地球の歩き方』には、
クリニャンクールの蚤の市は、店舗形式で、
オーナーさんが決まっている、と書いてありました。
なるほど〜!



S__19283983
まずは青空市歩き。

IMG_4179
1ユーロの大振りピアスがいっぱい!



IMG_4186
こちらは、アンティーク雑貨が並ぶエリア。

IMG_4190

S__19283985
蚤の市に行くと、どうしても手に取ってしまうお人形さん。
国によって、お顔が違うので興味深いんですよね。



IMG_4191
木箱に入ったビーズは、まるで宝石のようです!!
見ているだけで胸がときめきます。 



IMG_4188
絵画を売っているお店も。



IMG_4192
アンティークが放つ独特の空気感漂う店先。



IMG_4193
美しいティーカップたち!!


"クリニャンクールの蚤の市"は、
プロフェッショナルな方が
しっかりとした品物を売っている印象でした

アンティーク好きの方には 
特にオススメです☆



・・・蚤の市を散策したあとは、
ちょっと一休み。
S__19283987
カフェの前でクレープが売っていたので、
ひとつ頂いてみることに・・・✨

日本で売っているクレープは、
果物と生クリームをたっぷりはさんだものがポピュラーですが、
ヨーロッパでは、
ヌテラやジャムのみを塗ったシンプルなクレープが多い気がします。


S__19283988
たしかこの時は、ヌテラ+バナナのクレープにしたはず・・・!!

普段はなかなか口にすることのないヌテラの味が、
わたしにとっての "ヨーロッパの思い出の味"になったのでした 



■クリニャンクールの蚤の市
150 rue des Rosiers, 93400 Saint Ouen, France
メトロ4番線 Porte de Clignancourt駅下車徒歩10分


☆こちらも合わせてどうぞ☆

アメリのカフェ「カフェ・デ・ドゥー・ムーラン」へ
パリの朝市「アリーグルの市場」へ

旅レポシリーズです


わたしの場合、
旅といえば "街歩き" が興味のほとんどを占めていて、
よっぽど気になった展示でない限り、
ミュージアムには行かないのですが、
2014年の一人旅でロンドンに行ったときだけは、
ミュージアムめぐりをしたんです!!

というのも、急遽ピコーンと来てロンドンに滞在することにしたので、
観光する所を何も調べていなかったんですよね^^;

とりあえず、街歩きを兼ねて、代表的なミュージアムに行ってみよう!
と珍しく思ったのでした。


・・・今回は、訪れたミュージアムのなかでも、とりわけ気に入った 
ヴィクトリア&アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)
をご紹介したいと思います!!
2017-01-08-00-19-09
ヴィクトリア&アルバート博物館をwikiで調べると、
「現代美術・各国の古美術・工芸・デザインなど、
多岐にわたる400万点の膨大なコレクションを中心にした国立博物館」
とあります。

世界中のありとあらゆる芸術品が展示してあるので、
ここがロンドンだということを忘れてしまうほど・・・

とにかく広いです!!

全部は紹介しきれないので、
特に印象に残った部分をピックアップしていきますね☆


2017-01-08-00-17-55
こちらはウェディングドレスのコーナー。

2017-01-08-00-18-02
素敵〜

2017-01-08-00-18-10
アクセサリーもたくさん展示してあります。

2017-01-08-00-19-02
このドレス、elfinのライブで着てみたい・・・!!
 


こちらのゾーンは圧巻でした。
2017-01-08-00-18-45
柱はエジプトのものなのかな・・・
(あまり説明など読まずに感覚でまわっていたので、
間違ってたらごめんなさい!)
他の国とはスケールが全然違う!! 


2017-01-08-00-21-30
どのような経緯で創られたのか、
一体どれだけの人が、この建造物に携わったのか、
そしてどれだけの人が造る過程で命をおとしてしまったのか・・・
そんなことを考えました。

ここ数年、情勢が不安定ですが、
タイミングを見計らって、エジプトにも行ってみたいなと思っています。


一番心打たれたのはこのゾーン!!
2017-01-08-00-18-27


2017-01-08-00-18-16
オズの魔法使いのその後のストーリー、 
オズ(Return to Oz)』という大好きな映画の
ラストの方で、
ドロシーが美術品に変えられてしまった仲間たちを
探すシーンがあるのですが、
ここがそのシーンに出てくる部屋に似ていたのですよ〜!!

もう何時間でも居たい!と思いました。。。

ここにいたら、閃きがどんどん降ってきそうです✨


2017-01-08-01-26-12
このピアノ・・・
どんな音が鳴るんだろう。


2017-01-08-01-26-02
なんだか心が通じ合った気がした象牙のフクロウくん!
こんにちは☆



2017-01-08-01-27-48
ミステリアスな雰囲気。
こんな秘密の部屋を持ってみたい。



2017-01-08-00-21-22
ベンチが至る所にあるのも、魅力のひとつ。

日本ではあまり見掛けませんが、
館内でキャンバスを立てて絵を描いている人もたくさんいて、
自由な雰囲気が心地良かったです☆



2017-01-08-00-18-52
民族衣装を試着できるコーナーもありましたよ☆
ひとりだったので、ちょっと恥ずかしかったですが、
これは!と思い、着てみました。

2017-01-08-00-22-38
(この写真は、リアルタイムでFacebookに載せたと思います!)
古代の人に見えるかな??
こういう柄、大好きです!!

しかし、これがどこの国の服なのか、
チェックし忘れていました💦



2017-01-08-01-27-55
中庭にあるカフェもいい感じでした✨

雨や曇りが多いロンドンですが、
わたしが滞在している間は運良くずっと晴れていたんです☆

気持ち良かったなぁ♪♪


・・・以上、
また行きたいなぁと思うミュージアム、
ロンドンの、ヴィクトリア&アルバート博物館のレポでした〜^^


ヴィクトリア&アルバート博物館(公式サイト)



 

年末年始の旅行で、漁業直営食堂 "ばんや"さんに寄った時のこと

お土産コーナーで天日干しされている美しいお魚さんたちを発見 !!

「これはやすちゃんが喜びそう!!」とピコーンときたので、
ギラの干物を買って帰りました
(うるめいわしの干物が半生っぽくて特に美味しかったのだけれど、
日持ちしないということで断念!)

2017-01-06-21-10-26
港の近くに行くと度々見掛けるこの天日干し風景、
きゅんきゅんするぅ〜〜
一度買ってみたかったんだぁ

しかも、フードパック満杯+おまけどっさりで300円という
驚きの安さ

コスパ高過ぎです!!



弱火で数分炙って、頂きます
2017-01-06-21-07-22
やすちゃん用の晩酌セット
お酒は "一の蔵"です。



2017-01-06-21-07-47
予想通り、このギラがとてつもなく美味しくて、
(なんで市販のものとはこんなにも違うんだろう!!)
やすちゃん大喜び〜!!

「この日本酒×干物の美味しさを、フロリアンに教えたい〜〜!」と
呟きながら食べています


ばんやさん、美味しい干物をありがとうございました
またお伺いしたいです


・・・ちなみに、「ヒイラギ」のことを千葉では「ギラ」と呼ぶのですね!
知りませんでした




こんにちは
もうお仕事が始まっている方もいらっしゃると思いますが、
体調などいかがでしょうか?

わたしは、治りかけの風邪をぶりかえしてしまい、
久しぶりに熱まで出てしまいました
が、今日はわりと元気です!!
ウイルスと闘ってくれている自分の細胞を応援すべく、
身体を温めて、しばらく安静に過ごしたいと思います☆


・・・さてさて、みなさんはどのようなお正月を過ごされましたか?
わたしは両親・妹・姪と旅行にいってきました!
このメンバーでの旅行は初めて

行き先は、千葉県の先端の方に位置する館山というところです

もともと温暖な地域&今年の年末年始は特に暖かかったので、
コートいらずで遊べました
2017-01-05-02-30-26
漁業直営食堂での食事、
ミカン狩り、沖の島、不老山薬師温泉などなど、
妹がばっちりスケジュールを組んでくれたので、
とっても充実した旅になりました

大晦日は、紅白歌合戦に出場した星野源さんの歌に合わせて、
妹と姪っ子が恋ダンスを披露してくれて
盛り上がったぁー(*≧∀≦*)❤︎❤︎


2017-01-03-16-31-24
(撮影:父)
富士山も見えましたよ〜!!!  



2017-01-04-19-30-54
南房総の道の駅「ローズマリー公園」で撮ったお気に入りの一枚
姪っ子をお姫様抱っこ
まだギリギリ抱っこできますw

ここはヨーロッパ調の建物があって面白いです
敷地内にある農産物直売所で野菜をたくさん買って帰りました


・・・しっかし、旅行にいくと、
眠れなくて困る〜

今回の旅もまったく眠れませんでした・・・

今年は眠り上手(=リラックス上手)になりたいです




世界のカフェめぐりシリーズです

今回は、2015年に訪れた
プラハの地下鉄B線Národní třída駅近くにある、
カフェ・ルーヴル”をご紹介したいと思います


・・・カフェ・ルーヴルに到着!!
2016-12-22-18-49-23
ルーヴルは、1902年創業の老舗カフェで、
あのフランツ・カフカも通っていたそうです



2016-12-22-18-51-44
中に入ると更に扉が・・・!!
これだけでワクワクしてきちゃいますね〜



image
じゃじゃ〜ん!
店内の様子

高級感のあるレトロな内装と、このテーブル&椅子が、
ザ・老舗カフェ!という感じで素敵

スタッフさんのユニフォームも
かっこ良かったです



2016-12-22-18-47-56
こちらはカプチーノ☆
トレーとグラスがオシャレ〜



2016-12-22-18-48-41
わたしは、オレンジの入ったレアチーズケーキを頼んでみました☆
たっぷりと絞られた濃厚な生クリームが嬉しかった〜

しかし、さすがヨーロッパ!
サイズが大きい



2016-12-22-18-41-22
こちらはやすちゃんが頼んだケーキの盛り合わせ。
盛りつけが芸術的


ここはケーキが美味しかったので、
ケーキ好きの方におすすめしたいカフェです




2016-12-22-18-49-50
↑カフェ付近(新市街)の様子。
オシャレなお買い物エリアでした☆



■Café Louvre(カフェ・ルーヴル)
Národní 22, Praha 1, 110 00Národní třída
724 054 055, 224 930 949
Café Louvre(公式サイト)



よく考えてみると、
ここ数年の旅行について
まだほとんど書けていない状態だということに気付いたので、
印象的だったカフェを中心に
旅したいろいろな国のことを
ブログで少しずつご紹介していこうと思います

一緒に旅している気分になって頂けたら
嬉しいです


・・・ということで、
今回は2015年に行ったチェコ・プラハのカフェ
"Kavárna Obecní dům(カヴァルーナ・オベツニー・ドゥーム"を
ご紹介します☆


プラハの旧市街にあるカフェ"Kavárna"に到着
市民会館の一階にあります♪
2016-12-20-22-00-57



カフェに一歩足を踏み入れると・・・
2016-12-20-21-56-41
じゃじゃ〜〜ん!
アールヌーヴォー様式を取り入れた
ゴージャスな内装が素敵です !!!



2016-12-20-20-25-58



2016-12-20-20-26-04
シャンデリアの美しいこと!!



2016-12-20-21-55-41
ケーキのショーケースも凄い迫力
どこかのお城で出てきそうな雰囲気です



2016-12-20-20-26-10
カプチーノ(のはず)をオーダー

ホットでもグラスに入っていて、
ストローもついてきます!

パリのカフェに行ったときもこのスタイルだったんだけど、
こっちではカプチーノをストローで飲むのが主流なのかな??

ホットドリンクをストローで飲むとすっごく熱いです



■Kavárna Obecní dům(カヴァルーナ・オベツニー・ドゥーム)
Náměstí Republiky 5 110 00 Prague 1
222−919−056
Kavárna Obecní dům(公式サイト)


------------------------------------------------------------------------------------------------------------



IMG_4712
プラハは、本当に美しくて、
とりわけ好きな街です。

その昔は、「魔法の都」と呼ばれていたとか。

ここに、錬金術師や占星術師が集められていたという話を聴いたときに
なるほど〜!と思いました。



IMG_4842
壁や看板に描かれた絵も、
ちょっと奇妙なテイストが多くて好み



IMG_4738
おとぎの国に迷い込んでしまった気分になります。 




2016-12-20-22-01-39
旧市街をひとりでぶらぶら歩いているだけで
すごくいい意識状態になれるのは、
きっと、絶妙に、
街と温度感が合うから。

プラハは、たくさんのインスピレーションを与えてくれる特別な場所です。


ドイツ・ベルリンのカフェめぐりシリーズです😊❤︎


今回は、ベルリン在住15年!という
禅さんに教えて頂いた
美味しいケーキが食べられるカフェ
"Albrechts Pâtisserie"をご紹介したいと思います♪


ベルリンの中心からほど近い
地下鉄UバーンのEberswalder駅から
徒歩約10分。

Albrechts Pâtisserieに到着しました✨
きゃー❤︎
可愛いらしいお店です(*≧∀≦*)✨
 



ビビッドな赤い壁と、
シャンデリア、
カラフルなアイスクリームやキャンディ✨
まるで絵本の世界に入り込んでしまったような気分♪







閉店1時間前だったので、
ケーキは残りわずかになっていましたが、
フランスを感じさせるような、
カラフルで綺麗なケーキたちが並んでいました。




ドイツらしく、ブレッツェルも✨
ディスプレイがいちいち可愛い!!




Albrechts Pâtisserieは、
アイスクリームが目玉のようで、
(普通のお店の半額くらいで食べられるの!)
アイスクリーム目当ての子どもたちが
ひっきりなしにやってきます。

カラースプレーもたっぷりトッピングしてもらっていました❤︎

トッピングって、嬉しいよねー!(*≧∀≦*)

ショーケースの前には、
子どもたちのための脚立も置いてありました✨




子どもたちが大好きな
キャンディーもたくさん♪




わたしはラズベリーのタルトをオーダー✨
ラズベリーがジューシー&甘さ控え目で美味しかったです!




やすちゃんは、
焼きたてのシナモンワッフルを。

手作りの優しい味に癒されました✨



テーブルの上に飾ってある
お花も素敵✨




とっても可愛いカフェでした(*≧∀≦*)


◼︎Albrechts Pâtisserie
Pappelallee 36, 10437 Berlin


こんにちは
みなさんどのような日曜日をお過ごしですか?

今回は、ドイツで買った雑誌の
クリスマス特集号
ご紹介したいと思います


2016-12-18-14-44-14
ご紹介するのはこの3冊です♪

左から、
・Mein schönes Land
・Land Edition
・SCHÖNER SCHENKEN

(さっき気付いたのですが、
Mein schönes LandとLand Editionは系列誌っぽいです!
わたしはLandさんの雰囲気が好きなんですね〜
好きなものが見つかるって嬉しい!)



■Mein schönes Land  
2016-12-18-14-38-26
まずは、"Mein schönes Land"から。  
もうお気づきかと思いますが、
表紙がアドベントカレンダーになっています

このカレンダー、
ドイツでは至る所で売っていました!

クリスマスがいかにスペシャルな日なのかを
感じられるデザインです♪

サンタさんの絵も素敵



2016-12-18-14-47-42
雑誌の内容は、
クリスマスのデコレーションアイディア、
ガーデニング、クリスマスのお料理とお菓子など

日本とは全然違う感性と文化で
参考になる〜〜!!

ミニチュアの特集もあって、
ピコーーン!でした



■Land Edition
2016-12-18-14-46-13
お次は"Land Edition"
こちらは、一冊丸ごとクリスマスのお菓子特集です

レシピや作り方もしっかり載っていて嬉しい〜
写真がとっても可愛くて、きゅんきゅんしちゃいます!!

ミカエルのクレイスイーツにも
インスピレーションを与えてくれる一冊です



■SCHÖNER SCHENKEN
2016-12-18-14-46-56
最後は"SCHÖNER SCHENKEN"

実はね、この本、
クリスマスの包装紙が綴じられているんですよ〜

全ページ包装紙(ラッピング用のタグページも有り)です!

デザインは10種類。
どれもすっごくキレイで可愛いの!!

勿体なくて使えない〜〜〜!!

見ているだけで、うっとりしてしまいます



・・・海外に行くたびに、
何か残しておけるものを自分土産用に買いたいなぁと
以前から思っていたのですが、
なかなか思いつかなかったんですよね。

それが、この間の旅の途中で、
「各国の本を集めていくことにしよう!」と
閃いたんです

他にも数冊購入したので、
また機会があったらご紹介します


ああ、本っていいなぁ・・・❤️
脳内の地図が広がる〜〜〜 !!


今年のクリスマスは、
ちょっと風情のある美味しいものを
お家で食べたいなぁと思い、
とびきりのソーセージを注文しました


2016-12-17-12-56-59
じゃ〜ん!
"腸詰屋"さんのソーセージ!!! 

何年か前にお義母さんから頂いたのがきっかけで
知ったのですが、
ここのソーセージは本当に美味しいです!!

それくらい美味しいかというと・・・
本場ドイツで食べたソーセージを超えてしまうくらい美味しい!!
(これはあくまでもelfinふたりの感想ですが)

それもそのはず、
腸詰屋さんは、由緒あるドイツのハム・ソーセージコンテストで
金メダルを受賞しているんですよね〜!!

ソーセージにそこまで興味のなかったわたしでも
ハッとしてしまうクオリティです


ハム・ソーセージの腸詰屋(楽天市場)



・・・「ソーセージ、ドイツ」で思い出すのは、
2011年に、ドイツ・ミュンヘンの有名なビアレストラン
"Hofbräuhaus(ホフ・ブロイハウス)"で食べた
ミュンヘン名物ヴァイスブルスト

写真が見つかったので、
その時の様子をご紹介したいと思います♪


image
ホフブロイハウスの入り口☆
楽器を持っているのは、民族衣装をきた演奏隊のみなさん♪



2016-12-17-12-58-45
じゃ〜ん
こちらがホフブロイハウスの
ヴァイスブルストです☆

子牛肉にハーブを混ぜた白ソーセージで
ふんわり軽い口当たり



2016-12-17-12-58-03
ヴァイスブルストの他にも、
ドイツの伝統料理を2品オーダーしました
 
左:シュヴァイネハクセ(豚すね肉のロースト)
右:アイスバイン(豚足の塩漬けを茹でたもの)

写真だといまいち伝わりませんが、
どれもすっごい量です

1皿を大人二人で分けるのがちょうどいいくらい!
 

2016-12-17-12-55-48
この時は、みさとちゃんも一緒でした〜



2016-12-17-12-54-50
かんぱ〜い❤︎

ドイツといえば、やっぱりビールとソーセージですよね〜♪
(・・・調子に乗ってオーダーしたくせに、一口しか飲めませんでしたが



2016-12-17-12-53-41
ミュンヘンの中心地、マリエン広場にある新市庁舎
ドイツ最大の仕掛け時計があることで有名です

ミュンヘン、キレイだったなぁ

またウベさんのお宅に伺いたいです




ベルリン在住の西本さん
日本に一時帰国するという連絡を頂いたので、
やすちゃんと二人で会いに行ってきました✨

西本さんとスージーの間には、
今年赤ちゃんが生まれたので、
ファミリーでの来日❤︎❤︎


お二人の赤ちゃんが、
本当に可愛いのーー😍!!

ドイツ人と日本人のハーフ✨
↑先月、西本さんのお宅に遊びに行ったときの写真♪

とっても素敵なファミリーです😊❤︎


今日の東京はすごく寒いなーと思いましたが、
西本さんとスージーは、
ベルリンの春くらい暖かい!と喜んでいました(笑)


ドイツのお土産も頂いちゃった✨

スージーおすすめのパスタソースと、
シナモン入りのアーモンドチョコレート、ハーブティー✨

グーグル先生によると、
ハーブティーのフレーバーは、
「草原の花」と書いてあるようです!

どんな味なんだろう?
楽しみ😊❤︎


この間ドイツで買ってきた食品は、
あっという間に平らげてしまったので、
今回は大事に頂こうと思います(*´Д`*)


西本さん、スージー、ニッキー、
日本を楽しんで下さいねー(*≧∀≦*)❤︎❤︎

こんばんは

土日は、micaelのオーダー品制作に集中していて
ずっと部屋にこもりきりでしたが、
今日やっと外に出ました〜!

街はもうクリスマスの雰囲気ですね〜



elfinハウスでは、
ドイツで買ってきた小さなクリスマス雑貨をテーブルに飾って、
ひっそりと楽しんでいます
2016-12-05-18-12-07
クリスマスのキャンドルと、
小さなテーブルクロス



こちらの雑貨は、一年中クリスマス雑貨が購入できる
このお店で買いました
2016-10-25-02-10-36
 "Käthe Wohlfahrt(ケーテ・ウォルファルト)"

ドイツに行ったら絶対寄ってみてほしいおすすめのお店です
わたしは毎回ここにお土産を探しに行ってます

撮影がNGだったので、写真は撮れなかったのですが、
こちらにベルリン店の様子が載っていました♪

とにかく!とにかく!!めちゃくちゃカワイイです!!
外国人がドイツに求めている可愛さが、ここにあります!!(←断言しちゃいますw)

ドイツの伝統的なクリスマスの装飾品や、
おもちゃ、人形、雑貨、クッキー型、ペーパーナプキン、
文房具、テーブルウェア、ミニチュア(ロイター・ポーリセン)まで
色々揃っていて、すごく素敵です

ローテンブルクの本店にも、いつか行ってみたいな〜


・・・と、Käthe Wohlfahrtを調べていたら、

な、な、なんと!
11/26〜12/25まで、六本木ヒルズのクリスマスマーケットに
ケーテ・ウォルファルトが出店しているとの情報を発見しました
(詳細はこちら

ピコーーーン
これは行くっきゃないですね〜!

もし機会がありましたら、
みなさんも覗いてみてくださ〜い


なんだかワクワクしてきちゃった〜



■Käthe Wohlfahrt(ケーテ・ウォルファルト)-Berlin
Kurfürstendamm 225/226 10719 Berlin
公式サイト:http://wohlfahrt.com


ドイツ・ベルリンのカフェめぐりシリーズです  ♪ 


今回は、ベルリンのゾーンB、
シュプレー河のほとりにあるクールなカフェ
"Kranhaus Café(クランハウスカフェ)"
をご紹介したいと思います!!



2016-12-02-13-37-27
場所は、SバーンのSchöneweide駅からトラムに乗り換え、
Rathenaustr./HTW (Berlin)駅下車、徒歩7分ほど。
シュプレー河に沿って歩いていきます

フロリアンの通っていた大学のすぐ近くにあるカフェです



2016-12-02-13-36-50
はぁぁ〜〜キレイ〜〜✨

しっかし、川沿いは本当に寒いです !!
この日は気温4℃くらい。
体感気温は1℃

2011年2月にベルリンに来たときは、
マイナス8℃でした〜!
年によってはマイナス20℃以下になることもあるとか

千葉と東京にしか住んだ事のないわたしには
もはや想像できない寒さです!!



2016-12-02-13-38-20
Kranhaus Caféが見えてきました〜!!

お店にKran=クレーンという名が付いているだけあって、
建物の上に見えるのは、
クレーンです



image
どーーん!!
近くで見ると、すっごい迫力!!

この建物は昔、
シュプレー河につく船に、
クレーンで石炭を運んでいた工場だったそう

こういう建物をカフェやクラブにしてしまうところが
旧東ベルリン!って感じで素敵です




2016-12-02-13-38-53
広いお庭には砂が敷いてあり、
お子様が遊べるようになっています☆

砂の上に机と椅子があるこの風景、
なんだかシュールで好き



2016-12-02-13-39-51
こちらはお店正面。
ウッドデッキの上がテラス席になっています。

美しいシュプレー河を見ながら
お茶ができるって最高〜☆



2016-12-02-13-40-30
店内の様子です☆

フードの写真はNGということだったので、
残念ながら掲載できないのですが、
どれもすっごく美味しかったんですよ〜〜 !!

メニューは、サンドイッチ、グラタン、ケーキ、
タルト、キッシュ、サラダなど。

フードは、女性の店長さんの手作りで、
タイミングによっては焼きたてを食べられることも☆


中心地から離れたゾーンBということもあり、
落ち着いた雰囲気なので、
ひとりで作業するのにも良さそうでした!


工場がカフェになった、ベルリンらしいクランハウスカフェ、
ベルリンを訪れた際には、
ぜひ足を運んでみてくださいね


■Kranhaus Café(クランハウスカフェ)
Paul-Tropp-Straße 11 Berlin 
facebookページ:https://www.facebook.com/KranhausCafe/



ドイツ・ベルリンのカフェめぐりシリーズです


今回は、バームクーヘンで有名な
1852年から続く老舗の宮廷御用達コンディトライ(パティスリーとカフェを併設したお店)、
"Konditorei Buchwald(コンディトライ ブッフヴァルト)"
をご紹介したいと思います☆


(・・・いきなり余談ですが、「ブッフヴァルト」と聞くと、
あの強烈な漫画を思い出してしまうわたしです・・・ わかる人いるかな?)




・・・SバーンのBellevueから徒歩3分ほど。
閑静な住宅街のなかにブッフヴァルトを発見しました!!
2016-12-01-21-28-53
お店の前にはテラス席もあります♪
夏はテラスでケーキを頂くのも良いですね〜




2016-12-01-21-35-21
お店に入ると正面に、
大きなショーケースが!!!

わ〜〜!!すごくキレイ✨
見るからにレベル高いです!!!



2016-12-01-21-36-16
さすがバームクーヘンが有名なだけあって、
店内には実に様々なバームクーヘンが並んでいます!

チョコレートがたっぷりかかった焼き菓子も美味しそう
シュトーレンもありました☆

ドイツ土産にも良さそうです



2016-12-01-21-30-25
ブッフヴァルトは人気店なだけあって、
カフェスペースは地元の方らしきお客さんでいっぱい!!

お持ち帰りにしようかな〜と思ったのですが、
「せっかくだからここで食べて行こうよ!」とやすちゃん。

ブッフヴァルト店内でケーキとお茶を頂いていくことにしました☆


席につくと、スタッフさんが、お店の歴史を紹介して下さったり、
ろうそくに火を燈して下さったりして、
更にいい雰囲気に・・・☆

古き良きドイツに触れているような感覚でした。



2016-12-01-21-32-56
じゃーん!
オーダーしたケーキ達が運ばれてきましたよ〜



2016-12-01-21-33-34
やすちゃんは定番の"Baumkuchen"をオーダー

よく見ると、生地の中にマジパンが入っています!!
日本でよく頂いているバームクーヘンに比べると、
しっとり感が少なく、どっしりとした感じです。
これが本場のバームクーヘンなのかな〜?なんて
思いました!



2016-12-01-21-32-06
わたしはショーケースを見て一目惚れした
"gefüllte Baumkuchentorte"をオーダー

全体がマジパンでコーティングしてあり、
ケーキのなかにはチョコレート生地、チェリー、 
バームクーヘンなどがぎっしり詰まっています。

こ、こ、これがですね、
なんとも言えない絶妙な塩梅で、
めっちゃくちゃ美味しかったんですよ〜〜 !! 

わたしがイメージする、
ザ・ドイツの味でした!

これはベルリンで食べたケーキの中でNo.1です✨
また食べたいな〜!!!



というわけで、
ブッフヴァルトの"gefüllte Baumkuchentorte"、
もしベルリンに行く事がありましたら、
ぜひぜひ召し上がってみて下さいね!!


■Konditorei Buchwald(コンディトライ ブッフヴァルト)
Bartningallee 29 in 10557 Berlin
公式サイト:http://www.konditorei-buchwald.de 




・・・そうそう!
ブログを見て下さっている方から、
「micaさんは、英語(もしくはドイツ語)話せるんですよね〜?」
とすっごくよく訊かれるんですが、
わたし外国語全然喋れないですよ!
英単語は少しわかります、程度です。

深い話はできませんが、旅行や日常レベルの会話なんて、
それでなんとかなります!!

空港の荷物検査やイミグレーションで何かを尋ねられても
「????・・・sorry 」で切り抜けてますもんw


やすちゃんをはじめ、まわりは英語が堪能な友人が多いので、
コンプレックスを感じて、
「わたしも見習ってがんばろう!」なんて思ったりした時期もあったんですが、
ある時気付いたのです。
「わたし、外国語に興味ないわ〜 」ってw

それからは変に頑張るのをやめて、
ど〜んと構えられるようになりました。
興味があまりないものにエネルギーを注ぐのは
非生産的なのでね。

ちなみに、きっとこの先、ピコーンと来さえすれば、
努力しなくても絶対外国語を話せるようになるだろう!
なんて思ってます


あとね、一人旅をしていたときに実感したんですが、
本当にピンチの時は、
どこからともなく底力がわいてきて、
言葉がわからなくても「伝えよう」という意志の力で、
なんとか伝わるんです!
非言語の力ってとっても大きいんですよね!!

だから、外国語は話せませんが、
問題なく楽しめます ❤️
(たまにちょっぴりヒヤヒヤすることもありますが、それもまた旅の醍醐味ということで❤︎)





こんばんは☆

今回は、10月〜11月の、
ドイツでの出来事をご紹介したいと思います(●´∀`●) 



早速ですが、こちらの写真は、
フロリアンの実家にステイしていた時に振舞って頂いたブランチです♪
じじゃーん(*≧∀≦*)❤︎❤︎
あまりに素敵で、
「きゃー!!」と叫んじゃいました(●´∀`●) 



お皿の上には、
リッタースポーツのクリスマスバージョンチョコレートが(*≧∀≦*)

フロリアンママのこういうセンス、
すっごく共感します❤︎



タルトと、クッキー❤︎
このクッキーは、
プレッツヒェンというクリスマス定番のクッキーのようです!
スパイスが効いていて美味しいの(*≧∀≦*)



こちらは、ゆで卵と、
ゆで卵が冷めないようにするための、
専用カバー!!

これって日本じゃあまり見掛けませんよね?!

帽子みたいで、超可愛いの〜(*≧∀≦*)


フロリアンが焼いてくれたパンケーキ✨
チョコレートシロップとバニラアイスクリームをのせると最高だよ!とのこと(●´∀`●) 

美味しかった❤︎



フロリアンママが淹れてくれたカプチーノを、、、


「これにのせると冷めなくていいよ!」と、フロリアンパパ。

中央はキャンドルです!

これ、リッツ・カールトンとアマン東京のアフタヌーンティーで出てきたやつだー!!(笑)

毎日お家でこれを使うなんて
素敵過ぎます!(●´∀`●) 



食卓から見えるお庭は、
まるで公園のように広いです。

奥に見えるのは暖炉用の薪。

フロリアン、お父さんに薪割りを手伝わされるんだよーと嘆いてました(笑)

てか、自分で薪を割るってすごいよね!!



お庭で摘んだペパーミントで、
ママがフレッシュハーブティーを作ってくれました(●´∀`●) 


もう本当に素敵なご家庭だった!!

今後の生活についてのインスピレーションを、
たくさん授けてもらいました✨


こうして書いていたら、
ワクワクしてきちゃったので、
これからドイツ料理の本を探しに
ジュンク堂へ行ってきます(*≧∀≦*)


みなさんも、楽しい夜をお過ごし下さいね❤︎



遅ればせながら、11月11日は結婚記念日でした✨
今年で結婚6周年です!!


当日はドイツ・ベルリンにいたので、
「特別な日だから、美味しいドイツ料理を食べに行こう!」と、
やすちゃんが素敵なレストランを予約してくれました☆

場所は、ベルリンの中心地ミッテの美しい通りにある
ルッター&ヴェグナー (Lutter & Wegner)という
高級感漂う老舗レストラン。
セレブや政治家の常連さんなども多いそうです


image
荘厳な外観とは打って変わって、
フランクな接客と、モダンな雰囲気で
とても過ごしやすい空間でした♪

お料理も美味しかったです☆

わたしのグラスの中身は、
ワイン・・・と見せかけてぶどうジュースw

地下鉄U2の Stadtmitte駅を降りてすぐの場所にあります


■ルッター&ヴェグナー (Lutter & Wegner)
Charlottenstraße 56, 10117 Berlin
公式サイト:http://www.l-w-berlin.de



結婚して6年。
やすちゃんに対する気持ちは、
どんどん強まっている気がします。

やすちゃんは、わたしが生きる過程でどうしようもなく切り捨ててしまった
大事なものをたくさん持っている人。
だから毎日いろいろなことに気付かされるんです!
自分の一部を発見するような、
そんな不思議な感覚を日々抱いています。


やすちゃん、いつも本当にありがとう!!
これからもよろしくね


そして、いつもわたしたちを見守って下さっているみなさん、
どうもありがとうございます



☆追伸☆

今日、都心では雪が降りました!
11月の積雪は54年ぶりとのこと、
なんだかスペシャルな気分です

そういう流れが来ているのかな・・・


今夜は冷え込みますので、
あたたかくしてお過ごし下さいね

 


たったいま、帰国しました!(*≧∀≦*)
この一か月、ブログを通じて私たちを見守って下さった方、
ありがとうございました❤︎✨


いま成田のスタバにいるんですが、
改めて日本の接客のすごさを目の当たりにして、
本気で鳥肌立っちゃいましたよ!

会話のひとつひとつが繊細だし、
笑顔が素敵だし、
お客さんが帰ったらすぐテーブルを拭くし!
(これが徹底出来てるカフェって世界でも稀だと思う)

ヨーロッパのサッパリした感じも好きですが、
やっぱり日本の繊細な対応って素晴らしいです!

はあ(●´∀`●) 
なんだか、あったかくて癒されるなー!!


さて、
帰宅したら、まずは土曜日のトンボマーケットの準備、
そして、お待たせしているミカエルのオーダー品に取り掛かろうと思います☆


それではまた(*≧∀≦*)❤︎


☆追伸☆
写真は、ブダペストで見つけた素敵なカフェの朝ごはんです❤︎




旅のラストを飾るべく、
ベルリンから特急列車に乗って、
ドイツ・フランクフルトに来ました!✨


センター!!
古き良きドイツの香りがしたよ✨


教会。


ミュージアムにも行きました✨


ケーキ屋さん✨


そして、ベルリンでは見つからなかったミニチュア・ドールハウスをついに発見!!


 萌えー(●´∀`●)  



・・・そしてそして、
今回の滞在先はね、
なんとフロリアンのご実家なの✨

フロリアンのファミリーも、お家も
素敵過ぎて感動の嵐( ;∀;)




クリスマスに食べるという
スペシャルなお料理を振舞って頂きました!!✨

お皿はマイセン(*≧∀≦*)❤︎❤︎

すっごく美味しくて、
お腹がパンパンになるまで食べちゃった✨

幸せーー( ;∀;)




・・・しっかし、お家が大き過ぎてひきます、、、∑(゚Д゚)

バスルーム3つ、キッチン2つ、地下室まであるんだよ!

一軒家いいな、いいな!(*≧∀≦*)❤︎❤︎


それではお休みなさい☆


(ブダペストの国会議事堂)

ハンガリーからドイツに戻りました❤︎(≧∇≦)

ブダペスト、よかったです!!
何が一番よかったって、
ご飯がめちゃくちゃ美味しかったの!!

レストラン、ファストフード、カフェを何軒か回ったのだけど、
全体的に調理のレベルが高くてびっくりした✨

行く店行く店、こんなに美味しい国は初めてです(≧∇≦)❤︎

ブダペストは、日本人好みの味に出会える街だなぁと思いました✨

物価が低めなのも嬉しいポイントだったなー(*^_^*)❤︎

ハンガリー旅行については、
タイミングの良いときに、
また改めて書きますねー!



さて、ベルリンはもうすぐ朝9時。
気温は0度です!!

寒いー!

これから、西本さん&スージーのお宅で
朝食を頂いてきます❤︎

朝食会といえば、セックスアンドザシティだねーっ♪

それではまた(≧∇≦)


現在、ベルリンの空港です❤︎

ベルリンとフランクフルトと、
あともう一都市、どこへ行こうか考えていましたが、
やすちゃんがずっと行きたがっていたフェスがちょうどハンガリーの首都ブダペストで開催されることがわかったので、
ハンガリーに行くことにしました!

ベルリンからブダペストへはLCCが出ていて、格安だし(片道1200円くらいで行ける日もあるの!)
フライトも1時間半なので、とっても気軽!!

ハンガリーは訪れてみたい国のひとつだったので、楽しみです(≧∇≦)✨

ハンガリーの素敵なお菓子にも出会えるといいなー❤︎


それではまた✨ 


❤︎追伸❤︎

ピコーンときて、
数ヶ月伸ばしていた前髪を、
ジョキジョキと切ってみました。

ぱっつん久しぶり!
でも、久しぶりな気がしない!U・x・U



ドイツ・ベルリンのカフェめぐり第二弾です


古き良きドイツを感じるシュプレー河沿いの美しい地域・・・
"Rathaus Köpenick"というトラム駅からすぐの場所にある
「Altstadtcafé Cöpenick」というカフェに行ってきました!


このカフェ、外からは中がほとんど見えなかったにも関わらず、
なんだかピコーンと来てしまったの!!
2016-10-25-21-04-37




入ってみたら・・・
なんとケーキがメインのカフェ!!
これぞ求めていたものではないですか〜〜!!
2016-10-25-21-29-32

2016-10-25-21-28-42

2016-10-25-21-29-07
トラディショナルな雰囲気でめっちゃかわいい
やっぱり直感には従ったほうがいいですね!!



2016-10-25-21-30-59
テーブルセッティングも素敵です


2016-10-25-21-24-57
メニュー。



とりあえずケーキでしょ!ということで、
ショーケースを拝見!!
2016-10-25-21-31-38
どれも美味しそうで、迷う〜〜〜!! 



2016-10-25-21-29-18
ドイツのケーキって、素朴で温かみがあってかわいい
小さな頃読んだ、童話の世界に出てくるお菓子みたい

日本のお菓子やパンは、
フランスの影響を受けたものが多いように感じますが、
ドイツのそれは、また違ってるんですよね!



2016-11-02-22-45-12
店員さん☆
すっごくラブリーな制服✨
・・・なのに、胸から腕まで大胆にタトゥーがはいっている〜!!
さすがベルリナーです



2016-10-25-21-50-00
オーダーしたケーキ&お茶が揃いました




2016-11-02-22-44-37
ドイツのケーキ、いただきま〜す

ケーキのお味、なかなか良かったですよ〜
特にシトロンが美味でした!
スポンジがちょっとボソボソしているのが気になりましたが、
ドイツのケーキって、そういう食感のものが多いかも?


Altstadtcaféは、地元の方にも人気のカフェのようで、
ひっきりなしにお客さんが出入りしていました!!
 
お店のホームページも見つけたので貼っておきますね
 ■Altstadtcafé Cöpenick



東京を歩いていれば、シャネル・ヴィトン・グッチ・クロエなどなどのブランドアイテムを目にしない日はない。

高校生だって持っていたりするもんね。

でも、ベルリンでは、いわゆる"ハイブランド"のアイテムを身に付けている人がすっごくすっごく少ない。

こっちにきて二週間たったけれど、MCMのバッグ二回と、ヴィトンのストール1回見たただけ。

フロリアンに訊いてみたら、
ベルリン西地区の富裕層か、ミュンヘンの人は持っているイメージあるけど、、、どうだろうね〜との回答でした。

そういえば、一人旅中に、エルメスのスカーフをルームシェアをしていた友人に見せたら、
「エルメスなんてこっちじゃゲイしか持ってないよ!」って言われたっけw


これはあくまでわたしの感覚から察するただの推測だけど、
多分、ベルリンではブランドものが純粋に流行ってないんだな〜と思う。


「ベルリンは複雑な歴史背景から、資本主義が浸透していない特殊な街」と聞いている。
そこら辺が関係しているのかな。


だから、ベルリンの中心地ミッテに、
他の国と同じようにブランド店通りがあると知った時は、衝撃でした。
銀座にいるような錯覚を起こしてしまった。

正直、ちょっぴり残念な気分になったりして、、、(^_^;)


・・・ベルリンて、やっぱり他の国にない不思議な魅力があるんだよなーと思う今日この頃。
 

ベルリンでベスト3に入る好きな場所、、、

それは、大型スーパーマーケット"Kaufland(カウフランド)"です(*≧∀≦*)!!


まず、品揃えがすっごく豊富で、
とっても安くて、
新鮮な野菜がたくさんあるところが魅力✨



入り口!

カウフランドは、カートも大きい!
ドイツの人は、
一度にたくさん買う人が多いからかな✨



ドングリかと思ったら、
ヘーゼルナッツでした(((o(*゚▽゚*)o)))

日本でナッツのお菓子といえば、
アーモンドが最も多い気がしますが、
こちらはヘーゼルナッツのお菓子がダントツポピュラー!

家の前の通りの街路樹の下にも、
ヘーゼルナッツがたくさん転がっていました☆



これなんの果物だろう?



野菜スープセット☆


しなびた大根風?に見えますが、セロリです。

煮込むと美味(●´∀`●) 



キュウリがこんなに大きい(*≧∀≦*)




パンーー!!

シンプルなパンは1個15円から売っています☆

パンはお店で焼いているので、(おそらく生地は冷凍)
タイミングが良ければ、焼きたてを買うこともできますよ(≧∇≦)

ドイツのパン、美味しいです❤︎ 




会計の際は、
レジにつながっているベルトコンベアー的なものにのせます。

日本のように、清算後の商品をかごにいれてもらえるわけではなく、
レジでバーコードを読み取ってもらったものから
自分でどんどん買い物袋に詰めていかなければならないので、
ちょっとあわあわしますw


カウフランドは、
文具、お花、コスメ、ペット用品まで
なんでも揃っているのでとっても便利です!


量り売りのお魚、ハム・ソーセージ、チーズ、お肉も美味しいですよ〜☆

何時間でも居られちゃいます




 

昨日は久しぶりに晴れたので、
やすちゃんと公園散策をしました☆

この時期のベルリンは、曇りが多く、
たまに陽が射してもすぐ翳ってしまうので、
一日中晴れている日は貴重✨

他の国の気候を体験すると、
改めて日本の気候の特長が見えてきたりして、
新鮮な気持ちになりますね☆




フロリアンのフラットの近くの教会。
夜中も鐘が鳴るので、びっくりします!


↑こちらが公園。
こっちの公園て、公園というより森みたな場所がたくさん!




空が高い。
真冬の北海道で見た空を思い出しました。



手の平から落ち葉が噴き出ています、の図↓

落ち葉といえば、焼き芋焼きたい!!
や、、、焼こうかなΣ੧(❛□❛✿)



・・・最近のクレイスイーツ制作なのですが、
ドイツの粘土は、やはり日本の粘土とはテクスチャーも色の出方も違っていて、ちょっと苦戦しています。

色々見たり調べたりして思ったのは、
日本って、リアルなスイーツを作るための材料が本当にたくさんあって、
それを使いこなす技術レベルも、
全体的にかなり高めなんだなーということ。

素晴らしいことです!!

日本のスイーツデコ・ミニチュアフード界を築いてきて下さった方々に、感謝の気持ちが溢れました。


というわけで、
ドイツにいる間は、
日本で使っている粘土ではなかなか出せない風合いを生かした作品を
作っていけたらと思います。

いつもの作品とは違ったアプローチ、、、

うーむ、ここで悩んだり、頭を使うのは、
とても良い感じ!!

これからまた大きな画材屋さんに行ってきます!



今週から、micaelのクレイスイーツ制作にインスピレーションを与えてもらうべく、
ドイツ・ベルリンのカフェめぐりを始めました♪


ドイツといえば、アインシュタイン。


というわけで、
まずは、西ベルリン地区のKurfürsten-str.(クアフュルステンストリート)駅から、徒歩6分くらいにある、
老舗カフェ"EINSTEIN"に行ってきました☆


  




高級感のある雰囲気✨
期待が高まります❤︎❤︎


店内✨
レトロで素敵(≧∇≦)



夜は本格的なディナーも頂けるような
高級感があるにも関わらず、
"カフェ"の持つフランクさも兼ね揃えたバランスの良い空間です☆

地元のおじさまやおばさまが
多くいらっしゃいました❤︎


お目当てのケーキ、
シュトゥルーデル生地でアップルフィリングを包んだ、
アプフェルシュトゥルーデルをオーダー。

このケーキを食べるのは初めてです♪


粉糖が美しいー❤︎❤︎ 
中には、アップルフィリング、アーモンド、レーズンなどが入っています。
ソースはバニラソース。


いただきまーす❤︎❤︎ 

なんと!
ケーキもソースもかなり甘さ控えめで、りんごの酸味が引き立ったとてもお上品なお味。

ドイツは甘いお菓子が多いと思っていたけれど、、、!
これならたくさん頂けます♪
(とは言いつつも、大きいので二人で半分こしました)

美味しい!


アップルぎっしり!!


また行きたくなるような、
とっても素敵なカフェでした(≧∇≦)✨





夜の紅葉もいとをかし✨


◼︎Cafe Einstein
住所:Kurfürsten-str.58
営業時間:月曜〜日曜 8:00〜25:00


ある晴れた日の朝

2016-10-23-20-41-38




みんなで、フロリアンがおすすめする
トルコ料理のレストランへ行きました
2016-10-23-20-39-29


2016-10-27-06-31-52
ベルリンは、トルコ系移民がたくさん住んでいる街なだけあって、
ケバブ屋さんや、トルコ料理屋さんが多いです。

「ベルリンで一番美味しい料理はなに?」と尋ねると、
「トルコ料理」と返ってくる事もしばしば。




2016-10-23-20-12-00
美しいオーナーさん
快く写真を撮らせてくださいました☆

なんだか、ベルリンじゃないみたいですねw



2016-10-23-20-14-03
こちらの具材を、サンドイッチにはさんでもらいます☆

よくみるトルコ料理屋さんとは
置いてある食材が微妙に違う気がするのだけれど、
どうなんだろう??



image
いただきま〜す


こんな、何気ない朝の時間を、
丁寧に楽しむ事ができるって幸せ


ベルリンの市内公共交通機関は、
バス・トラム・Sバーン・Uバーなどがあります!

今回は鉄道系をご紹介したいと思います



2016-10-18-23-19-42
フロリアン宅の最寄り駅
歴史のある建物です!

そうそう、ベルリンは駅にトイレがないことがほとんどなので
日本の感覚でいると、ちょっと焦りますw

大きな駅に行くと、有料トイレがあったりします☆




2016-10-18-23-19-51
路面電車、トラム

都電荒川線みたいな感じで、
街の中や、道路を走る電車です☆

楽しいよ〜





2016-10-24-23-53-41
ほぼ地上を走る近郊電車Sバーン!
ちょうど今の時期は、車内から見える紅葉がキレイです



2016-10-25-00-12-41
ほぼ地下を走る地下鉄Uバーン。



2016-10-23-02-29-11
Uバーン駅構内



ベルリンの鉄道は、
例えるなら、東京でいう山手線の内側→Aゾーン
山の手線の外側→Bゾーン
ベルリン市外→Cゾーン
3つのゾーンが設定されていて、
どの区間に乗車するかによって料金が変わってきます。

料金は基本的に時間制で、
ABゾーンの2時間有効チケットは、
2.7ユーロです☆

今回、わたしたちは、
ABゾーンの1ヶ月有効チケットを購入しました!
価格は、81ユーロ(約9200円)!
めっちゃ安い


ちなみに、ベルリンの鉄道に改札はありません。
ホームに設置されている打刻機にチケットを入れて
時間を打刻してから乗ります。

改札はありませんが、
抜き打ち検札官が突然車内に乗り込んでくることが多々あり、
チケットを持っていない&チケットが有効ではないことが判明した場合、
60ユーロの罰金を支払うことになるのでご注意を・・・



ベルリンの電車・トラム・バスは、ほとんどがバリアフリーです。
大きな自転車や、盲導犬以外のわんちゃんも一緒に乗車できます☆

車両はすべてワンマン運転!!(のはず)



あと、日本と違う面白いところは・・・
image
到着時刻が「あと〜分で来ます」という表示になっていること!
これだと時計を見る必要がないので便利です☆


乗り換え検索にはBVG(ベルリン交通連盟)のアプリが使いやすくておすすめですよ〜☆ 


それではまた




 

日本はいま朝ですね〜☆
おはようございます

こちらはもうすぐ深夜3時半です。
(時差+8時間かと思いきや、今月まではサマータイムだったので時差+7時間でした!)

今日からmicaelのクレイスイーツ制作を再開したところ、
いつの間やらこんな時間に・・・!!



そうそう、フロリアンが制作用にと、
素敵なワーキングテーブルを用意してくれました
2016-10-21-21-05-46
elfinハウスの制作部屋にあるテーブルよりも大きくて
快適です


アクセサリーパーツも全部持って来たし、
工具も完璧だし、
タミヤカラーも絵の具もニスも筆も揃っているし、
さあ、ここベルリンではりきって制作に励むぞ〜〜〜!!!
と意気込んでいたところ、

とある重大な事実に気付いたのです・・・!!!!!!



・・・え?樹脂粘土がない



やっちまいました

最後の最後でスーツケースに詰めたはずの
最重要材料、樹脂粘土を忘れてきてしまいました・・・・

モデナ、コスモス、すけるくん、
ハーティー、ハーフセラ、グレイス、グレイスカラー・・・

ぜんぶ準備したのに忘れました〜


いっつも、えっ?!ってことをやらかすのは知っていましたが、
まさか樹脂粘土を忘れるとはね!!

わたしも大物だな・・・



というわけで、フロリアンに泣きつき(←帰国して2日後に、トンボマーケットでの出店を控えているので本気でテンパってる
樹脂粘土が置いてありそうなお店を調べてもらって、
急遽買いにいく事に!!


ベルリンの中心地、Potsdamer Platz(ポツダマープラッツ)駅前の
"LP 12 Mall of Berlin"という、ショッピングモールへと向かいました!
2016-10-22-00-32-01
"LP 12 Mall of Berlin"は、2014年に出来たばかりの
比較的大きなモール。
無印良品も入っていましたよ〜☆

なんだか、有楽町のルミネを思い出す造り



2016-10-22-00-34-40
フロリアンが目星をつけてくれたお店、
idee. Creativemarkt"に到着!!

いくらテンパっていても、
写真を撮る事は忘れないちゃっかり者です



ここがね〜!!ドイツ版ユザワヤみたいな感じで、
すっごく面白くて可愛いの〜〜!!!!

不安な気持ちを忘れて、
テンションあがっちゃった




キャーキャーしている間に、
無事、樹脂粘土も発見!!
image
オーブンクレイで有名な、
FIMO(フィモ)の自然乾燥タイプの樹脂粘土!
ベーシックとソフトがあったので、両方買ってみました。

モデナとモデナソフトみたいな感じかな〜と予想しているんだけど、
どうだろう!!

もしかしたら、今までとは違う質感の新しい作品が作れたりして・・・
それも面白いよね!



2016-10-22-00-45-37
日本でもおなじみ、フィモのオーブン粘土はこちら。

今回調べていて初めて知ったんだけど、
樹脂粘土の始まりってドイツなんだそう。

すごい!!
なんだか、縁を感じる




2016-10-22-01-30-12
ホッとしたところで、
みんなでカフェ〜


フロリアン、タマーラ、やすちゃん、
どうもありがとう!!!


さって、はりきって作るぞ〜



・・・今日のブログが、
ドイツで樹脂粘土を探している方のお役に立てますように・・・



ベルリンに到着した日の夜は、
フロリアンのおすすめで、
100種類のビールが揃っているという
ドイツ料理のレストランへお食事しに行きました 



2016-10-18-06-38-37
電車の中




2016-10-18-03-52-43
レストランに到着〜!



2016-10-18-04-02-17
わたしとやすちゃんは、
色々なベルリン料理を少しずつ楽しめそうな
"ベルリナー プレート"をオーダー♪

このメニュー、ドイツ語なんだけど、
所々英語と似ていて、
なんとなくわかる部分もあったりして・・・☆



2016-10-25-07-25-37
じゃじゃ〜ん!!
ベルリナープレートが来ましたよー!

2人前とは思えないほど
すごいボリュームです!!

ベルリン名物カリーヴルスト
(焼いたソーセージに、スパイス入りケチャップとカレー粉をかけたもの)、
ハンバーグ、ピクルス、ポテトサラダ等  

マスタードは甘め。


どれもおいしくてた〜くさん食べちゃった!!
特にピクルスの味付けがよかったなぁ



2016-10-18-04-56-59
ビールは、フロリアンおすすめのビール、
"Störtebeker(シュトルテベッカー)"を。

シュトルテベッカーとは、
有名なドイツの海賊の名だそうです

わたし、普段ビールはほとんど飲まないんだけど、
これはかなりフルーティーで美味しかった!!

やすちゃんもすっごく気に入っていました




2016-10-25-07-27-19
大好きなフロリアンと過ごすベルリンの夜
とってもとっても幸せな時間でした



image
お久しぶりです!!

ドイツ・ベルリンに来てから、
明日でちょうど1週間。

到着して早々、風邪をひいてしまったこともあり、
余力がなくてなかなか更新できませんでした^_^; 

ベルリン、寒いですよ〜!!
真冬装備です☆
 


今回は、 友人フロリアンの家にステイしています
2016-10-22-05-12-48
↑初音ミク版黒ひげ危機一髪で遊ぶフロリアンと、友人のタマーラ

この1週間は、ずっと二人と共に行動していました
なんかもう家族みたいな気分だった☆



わたくし、なんとこちらでは、
夜になると自然と眠くなり、数分で眠りに落ちて、
朝日で目覚め、朝食をとるという、
奇跡のような生活を送っています(笑)

日本では全く規則性のない生活を送っていたので、
リズムのある日々は久しぶり。
 

夜にきちんと眠くなるのは、
恐らく朝日を浴びていることと、
室内の照明が暗めだからからかな〜。
 

ベルリンでは、
白熱灯、若しくは白熱灯色の電球が主流のようで、
ショッピングモールやスーパー、電器屋さん等のお店以外では、
日本のように煌々と光を放つ白色の蛍光灯に出会う機会が
滅多にありません。(駅なんかも暗めです!) 

特に家の中の照明に関しては、
多くの家が白熱灯を使っているような気がします。

故に、強い照明のなかにいると抑えられてしまうという
睡眠ホルモン"メラトニン"が、
ここでは正常に分泌されて、
ちゃんと眠くなるのではないのか思うのです。
 
elfinハウスの制作部屋は、
昼間のように眩しい蛍光灯が、
一日中ガンガン灯ってますからねー! 



2016-10-22-05-11-38
↑フロリアンが通っていた大学

いかにも歴史がありそうなこの建物は、
元工場だったそうです。

こういうところがザ・ベルリン って感じ!!!

このあと、すごいタイミングで、
台湾遠征の時に知り合ったフロリアンの大学の友達
教授にも再会できて、テンション上がりました
 


image
↑この建物は、Lidl(リドル)というスーパー。
こちらも元工場だった建物を利用しているそう。

これがスーパーだなんてクール過ぎる〜


ドイツの物価は日本とあまり変わらない感覚ですが、
食品と交通費はちょっと安めです。
スーパーで売っているビールの価格は
500ml瓶一本100円ほど。

個人的に一番嬉しいのは、バターが美味しくて安いこと!
250gで100円くらいです。(日本だと、発酵バター450gで約1000円)
あと、今回初めて気付いたのですが、
こっちのノーマルバターって発酵バターなんですよね!
パンもすごく美味しくて幸せ

雑貨系は日本より高い印象です!


・・・こんな感じで、
micaの独断と偏見によるドイツ生活を
少しずつご紹介していけたらと思います


チェコ・プラハの話を出した流れで、
一昨年、一人旅中に訪れた
コルヴェノバ蚤の市を振り返りたいと思います❤︎


コルヴェノバ蚤の市の最寄駅は、
メトロB線のkolbenova駅から徒歩3〜5分くらい。

地図がなかったので、
人の流れに適当についていったら到着しました

ここは、プラハでも有名な蚤の市らしいですよ☆


IMG_3406
コルヴェノバ蚤の市の入り口。
入場料(約100円)を払って入ります。

チェコは物価が安いのが嬉しい




IMG_3420
どどーん!!!!
た、退廃的 !!
そして敷地が広い!

ベルリンや、パリ、東京の整った蚤の市を想像していたので、
パンチ喰らった気分w



IMG_3425
プロアマ問わず、
様々な方が出店しています。

随分と高いところに登ってますなー!!


IMG_3433
なにか掘り出し物ありそうでしょ!?



IMG_3422
チェコビーズの山!



IMG_3414
ここでブーツを500円でゲット!
(でも靴底を補修したら2000円かかっちゃった



IMG_3427
鹿の角や楽器など。
プロの方のお店は迫力ありますよ!!



IMG_3429
クタクタになったぬいぐるみちゃんを売ってるお店も
味があってカワイイ



IMG_3436
こんな面白い品物までw!!


素敵なアンティークからガラクタまで
何でもアリ!なところが、
コルヴェノバ蚤の市の魅力だと思います 

やっぱりもう一度行きたいな
ハンドメイドに目覚めたから、
今なら色々な物を発掘できそう!!




☆追伸☆

IMG_3411
蚤の市のスペースに立ててあった看板。
恐らく指名手配犯、だと思う



今夜はお散歩がてら、
最近オープンしたスタバへ。

やすちゃんと、食後のコーヒーを飲んでいます(*^_^*)


このスタバ、すっごく素敵(≧∇≦)!!

去年の夏、
ベトナム・ホーチミンで入ったスタバに似てる!


・・・と、そんな一言から、
PCに入っていたベトナム旅行の画像データを
二人で振り返っている次第です✨  



あ、ベトナムのスタバ写真
見つけた(≧∇≦)これっ↓↓↓↓
この雰囲気、
なんか日本のスタバと違うのわかる?!

クラシックなソファ、
打ちっ放しの天井、
壁面に描かれた文字たち!!

もしかしたら国内外問わず、
こういう店舗タイプがあるのかな?



せっかくなので、
他にもベトナムの思い出写真を✨
一番興味深かった街、チョロンの路地。
わたくし、ベトナムには
こういう景色を求めていましたよ!!



半端ないwww

チョロンは問屋街なので、
こういう雑技団並みのテクニックで
荷物を運んでいる方がたくさんいらっしゃいました!



メコン川



街の至る所にスムージーの屋台が!!

ベトナムは今まで行ったどの国よりも
果物が安価で種類豊富!!
フルーツ天国でした✨


夏が来ると思い出すベトナム旅行。
また改めて書きたいな(●´∀`●) ❤️



IMG_5374
もう一度、アイルランドの海が見たい。

断崖絶壁から見おろす海と
千切れるような空は

とても美しかった。


あの静寂は特別だった。



・・・一個ずつ、一個ずつ、
いつ身につけたのかわからない価値観という古い荷物を捨て、
本来の自分に還ってゆく。


自分の本質と自分が一致するたび、
身体はどんどん軽くなっていくのだ。




IMG_5332
空に放つ。



台湾旅その2の続きです!(・v・)

---------------------------------------------



ライブの後、
みんなで新竹駅前にあるカフェへ!!



オシャレな雰囲気〜❤️


トムトム♪
この雰囲気で25歳って、
ヨーロピアンは本当に大人っぽい!

アジア人はやはり若いなー✨


さて、ドリンクは、
台湾で流行っているというこちらをオーダー!
生ビール!!

・・・ではなく、
クリームジャスミンティー!\(>∀<)/

ジャスミン茶にソルティなクリームが乗っており、
抹茶がトッピングされています!!

スタンダードは甘いのだけれど、
ノンシュガー、氷なしで頼みました。

意外にもよい塩梅で、
美味しかったよー❤️

日本でも流行るかも?!


たしか、スタバにもジャスミン茶があったけど、
台湾はスタンダードなお茶と言ったら
ジャスミン茶なのかな(*^_^*)??


・・・カフェでプチ打ち上げをしたあと、
ここでフロリアンや、Yuanpey大学のみんなとお別れをし、
今度は、特急列車で台北へ!

電車はバスよりもっと快適でした✨


ああ、台湾のみんなも
ドイツのみんなも、
最後までほんっっとに親切にしてくれて、
マジでマジで感動したよ!。・°°・(>_<)・°°・。

みんな大好き(;∀;) ✨ 
ありがとう(;∀;) ✨


▶︎台湾旅その4に、つづきます!

間が空いてしまいましたが、
台湾旅その1の続きです!(・v・)

---------------------------------------------

2日目は、ドイツから来たフロリアンと
久しぶりの再会!!


実は、フロリアンが台湾に行くという話を聞いて、
「フロリアンに会うために、台北にいこう!」
と思い立ち、今回の旅が始まったのでした(・v・)☆


朝食をみんなで食べようという話になっていたんだけど、
わたしは起きられず、やすちゃんだけ先にホテルを出ることに´д` ;

・・・というわけで、
台北初の朝ご飯は、ひとりでスタバへ。

スタバのお姉さんが、
こーんなに可愛いイラストを描いてくれたよー\(>∀<)/!!
うれしーい! 

日本にないメニューも色々あって
楽しかった!



朝食のあとは、
改めてフロリアン・やすちゃんと落ち合い、
徒歩で台北のバスターミナルへ♪

ライブの打ち合わせのため、
元培醫事科技大學(Yuanpei University of Medical Technology)
へ向かいます☆


台北のセンターは、日本にいる感覚と
あまり変わらないなー



こちらは、コンビニで見掛けた煮卵。
お茶で殻ごと煮てるそう。
ダシかと思った


こちらも同じくコンビニ。
おでんコーナー!

日本の倍くらいの値段で
おにぎりも売ってました! (そして買いました
 

やすちゃんが買った肉まん。
味は普通、だそうです


台北からバスで1時間半。
新竹の大学に到着ー



軽音サークルの顧問をしている先生(左)と、
イベントに協力してくれた皆さん(●´∀`●) 



使いたいスピーカーが壊れていたり、
ケーブルが足りなかったりして、
みんなで頭を悩ませる、の巻。


打ち合わせの後は、学食でランチ! 


チキンライス弁当!(多分

台湾は、甘辛+八角の味が多かったです!
ドリンクのレギュラーサイズが大きかったのも印象的でした☆


夕方台北に戻り、
夕食は、わたしのリクエストで
御珍軒』というレストランへ!
フロリアンの友達も一緒❤️

「ブログ書くぞー」スイッチが入っていなくて
殆ど写真を撮っていなかったんだけど、
点心がすっごく美味しかった!


蟹焼売。

ちまき!


ドイツ人のみんなは、ビール大好きだよ☆


すっごく美味しかったし、
素敵なお店だった☆

台北駅から徒歩15分くらいなので、
もし機会があったら行ってみてね


・・・そして、帰宅後は
ホテルで翌日のリハーサル。
ケーブルが足りなくて、
台北の楽器屋さんで買い足しました!!


2日目はこんな感じで終了です!!\(>∀<)/

多分、その3に続きます

今回の台湾遠征は、弾丸スケジュールだったため、
観光らしい観光はほとんどできませんでした

しかし!!
食べ歩きが大好きなわたしたち
隙間時間に、出来る限り台湾を齧ってきましたよ〜

というわけで、小さな一コマを
ご紹介していきたいと思います

-----------------------------------------------------------------------

1日目。
タイガーエアで、
成田→台北・桃園国際空港第1ターミナルに到着!

ホテルが西門町だったので、
まずは、西門駅の隣にある、
台北駅へリムジンバスで向かうことにしました。

地下一階のバスのターミナルから、
1819 國光客運『台北車站行』(24時間運行)
に乗車します。
桃園空港第1ターミナル→台北駅 時刻表

チケット料金は、一人125元(約435円)。
乗車時間は約40分。
(道路が混むこともあるので、
1時間くらいみておいた方が良いと思います!)

台湾のバスは安いですし、
かなり快適 です



2016-04-01-12-54-56
台湾で一番最初に買ったのは、
お金を崩すために空港のコンビニで買った
ドラえもんカステラw

2016-04-01-12-56-09
ど〜ん
ちょっとおどろおどろしい雰囲気・・・w
ベビーカステラの味です!



台北駅に到着後、
「せっかくなので地下鉄に乗ってみよう!」ということになり、
MRT板南線に乗って西門駅へ。
駅も電車も便利で綺麗で、
日本と変わらないクオリティーです!

駅に到着したのが24時前だったので
ヒヤヒヤしていましたが、
終電には間に合いました!
(電車は24時過ぎまで動いています)


IMG_1343
これがMRTの切符!
カジノのコインみたいでびっくりしました
このコインを改札でかざして中に入ります☆

・・・っていうか、
MRTをついつい"MTR"って言っちゃうなぁ
(ミュージシャンならわかるはずw)


さて、こちらが西門駅周辺にある商店街。
2016-04-01-12-56-33
日本でいうと、渋谷・原宿のようなところだそうで、
若者で賑わっています


まだ空いているお店や屋台があったので、
小腹を満たす事に!
2016-04-01-12-57-45
ここは、スイーツドリンクや
揚げ物が売っているお店!

わたし、タピオカって全然好きじゃなかったのですが、
試しにタピオカミルクティーを飲んでみたら
とっても美味しくてびっくり!
本場はひと味ちがうのかも

ただし、普通にオーダーするとすごく甘いので
お砂糖少なめ or なし で頼むのがオススメです


2016-04-01-12-58-05
お店の看板商品でもある
豪大大鶏排(ハオダダージーパイ)=
ラージフライドチキンを買ってみました
本当に大きい
顔くらいの大きさがあります!!

台湾で流行っているそうですが、
夜中にこれはヤバいですね・・・w

若干お肉に臭みがあったので、
わたしは一口だけ頂いて、
ほぼやすちゃんに食べてもらいました



2016-04-01-12-56-57
次に目を付けたのはこちら。
葱油餅(ツォンヨービン)。

油をしいた鉄板で小麦粉の生地を焼いて、
葱などの具とタレなどを巻き込んだ食べ物です!

2016-04-01-12-57-21
卵入りをオーダーしてみました!
価格は120円くらい。

2016-04-01-12-58-20
もりカリで美味しい〜〜!!
 チヂミみたいな感覚かな〜
甘味噌が入っていて、
よい塩梅でした


辺りを見回すと、
セブン・ユニクロ・スタバ・・・と
見慣れたお店がたくさん!!

日本にいる感覚とあまり変わらず、
リラックス して過ごすことができましたよ〜  


ザックリな印象。
台北の治安はとても良い感じで、
物価は日本よりほんの少し安いです。
タクシーを含め、
交通費はかなり安く感じます!


▶︎台湾旅その2へ続く

 

お久しぶりです!!
報告が遅れてしまいましたが、
elfin二人とも、無事帰国しました〜

旅から帰ってくると
必ず自分のなかで何かしらの流れが変わっていて、
行く前まで頭の中を占めていた事や
こだわっていたことが、
ポーンとどっかに飛んでいってしまうんですよね。

今回も例に漏れずそんな感じで、
帰国後、ちょっとした心境の変化がありました。


・・・さて、台湾でのライブですが、
もう、すっっごく楽しかったです

とりあえず写真を↓↓↓
2016-04-01-02-31-29

image
大学内でのライブということもあって、
大勢の方にステージを観て頂くことができました!!


2016-04-01-02-37-00
みんなと学食で\(>∀<)/


image
イベントを企画してくれたMihouと


image
ドイツから来ていたみんな


今回、コンサートを開催するにあたって、
Yuanpei大学の学生さんや先生が
とても快く協力して下さったんです。

皆さんの優しさにとっても感動しました
本当にありがとう〜
谢谢你!!!

台湾最高 


・・・今日から新しい年度が始まりますね
ワーイ盛りだくさんの一年にしましょ〜う

今日も楽しい一日になりますように


2015年書き残しシリーズです 


時は遡って今年の5月。
世界的に有名なドイツの音楽ソフトウェア"Live"を作っている 
Ableton社の西本さんにお会いするため、
Abletonベルリン本社へ行ってきました!!
(やすちゃんもAbleton Liveユーザーです

西本さんが、「会社の方に遊びにいらっしゃいますか?」
とお誘い下さったのですよー(泣)

まさかドイツの企業を、
まさかあのエイブルトンを見学できる日が来るとは・・・
人生って何が起こるか本当にわからないですね!!

というわけで、
少しだけAbletonの様子を
ご紹介しちゃいます


ババーン!!
Ableton本社に到着です!

ドイツの建物って素敵ー(●´∀`●) 


西本さんや、他の社員の方から、
Abletonのロゴと、
わたしのバッグの模様が似ているという指摘が!!

たしかに似てるーー
このバッグを持ってきてよかったです(笑)


受付と、ロビーの様子。

いやーオシャレ!!
海外ドラマで見るような風景ですよ!!

皆私服だし、かっこいいエスプレッソマシーンもあるし!
自然とリラックスできるような雰囲気です。

通りすがった社員の皆さんが
フランクに声を掛けて下さいました


image
ちょっとわかりにくいですが、
オフィスの様子☆

日本で見るオフィス家具的なものは
ほぼありません。


2015-12-30-20-06-50
あれっ?!
廊下にわんちゃんが・・・ ?!

エイブルトンでは、ペット同伴の出社が
認められているそうですよー
日本ではまずありませんよね!! 


西本さんと大喜びのやすちゃん♪

西本さん、Ableton社の皆さん、
お忙しいところ、本当にありがとうございました


・・・そして、夜は西本さんの自宅にお伺いさせて頂き、
ディナーをご馳走になりました 

2015-12-30-19-53-56
西本さんと、パートナーのスージー!
ふたりはとってもラブラブなの(●´∀`●) 


空が見える食卓


かなり上機嫌のやすちゃん(笑)

ドイツのお家では、
この大きなビアグラスが普通なのかな?! 
 

スージーの手作りごはん
チーズリゾットとルッコラ&イチゴのサラダ。

すごく美味しくて
たくさんお代わりしちゃった(●´∀`●) 
 




・・・本当に素晴らしい1日でした!!

西本さんは、本当にオープンマインドで、親切で、
たくさんの経験をされている素晴らしいお方。

来年もぜひぜひお会いしたいです!



追伸

お酒こそ飲まなかったものの、
楽しかった夜に酔いしれて
西本さんのお宅にiPhoneを忘れたわたし・・・
 
翌朝取りにお伺いした際、
屋上を見せて頂いたのですが、
その景色の美しさに感動。
 
美しいベルリンを眺めながら、
「iPhoneを忘れてよかったかも(●´∀`●)」と、 
心のなかでこっそりつぶやくのでした
 

2015年書き残しシリーズです

時は遡って5月。
今回は、ポーランド遠征のために滞在していた
ドイツ・ベルリンでの出来事を
いくつか書いていきたいと思います!

※よかったらこちらも併せてどうぞ〜

ベルリンのお家


---------------------------------------------------------------------------------------------


2015-12-15-00-48-43
ドイツへ行くたびにお会いしているのが、
ベルリン在住で、音楽活動をしている
ジャンベ奏者の藤川清さんファミリー

2014年のヨーロッパひとり旅をしたときも、
藤川夫妻にはとってもお世話になりました〜

藤川さんの奥様、えむちゃんとは
同い歳なこともあって、
色々な話ができるから嬉しいんだ〜〜

お二人には、オーガニック食材でつくった
美味しい手料理を、毎回御馳走になってます

写真は、ベルリン・藤川さんのお宅にて




ベルリンから日本に帰る直前には、
藤川夫妻おすすめのレストランでお食事をしました
2015-12-15-00-56-20
ベルリンのノイケルン地区にある
『Villa Rixdorf』という素敵なカフェ・レストラン

この日はお庭でフリーマーケットも開催されていたので、
地元のお客さんで賑わっています

ベルリンでは毎週あちこちで、
蚤の市が開かれているんです



2015-12-15-00-53-05
メインには、えむちゃんオススメの『ドラド』という
お魚のグリルをオーダー。

ドイツのビールはグラスが大きいったら!!



2015-12-15-00-50-15
魚のなかに、野菜やハーブが詰まってます。
ドラドは癖のない白身魚ですごく美味しいの


そしてそして、
ドイツはじゃがいもが本当に美味しい!!

加熱すると、驚くほど甘みが出るから、
日本のじゃがいもを調理する感覚で何かをつくると
ちょっとびっくりします



2015-12-15-00-55-19
レストランの敷地内には公園までありますよ!
こどもに優しいですね

みんな大はしゃぎだ〜



2015-12-15-00-53-54
お気に入りの一枚

やすちゃんは、苫米地博士のバンドで
年に二回ほど藤川さんと共演してます  
(つい先週もライブがありました〜



清さ〜ん、えむちゃ〜ん、
また近々ベルリンに遊びにいきますね〜

いつもありがとうございます    

2015年書き残しシリーズです  

elfin ポーランド遠征記の続きを書きたいと思います!  

ポーランド遠征記 その1  
ポーランド遠征記 その2  
ポーランド遠征記 その3  
ポーランド遠征記 その4 
ポーランド遠征記 その5
ポーランド遠征記 その6

こちら
の続きです  


----------------------------------------------------------------------------------------------------- 


いよいよポーランド・シュチェチンでのライブ当日。
アパートメントで簡単なリハーサルをして、
Piwnicy Kany』へと向かいました

IMG_5256

ダイニングで、機材を広げるやすちゃん。
なんだかシュールな風景(笑)




IMG_5218

・・・『Piwnicy Kany』に到着!
ふ〜〜!何度見ても素敵な建物〜



IMG_5267

ステージはこちらです


・・・と、ここで問題発生

ブッキング担当の方からは、
お店に音響担当さんがいらっしゃる
というお話をきいていたので、
てっきりPAさん(音響専門の方)が来て下さるのかと
思い込んでいたのですが、
担当の方はお店のスタッフさんで、
音響専門の方ではないことが
ここにきて判明

ミキサーの使い方もあまりわからないようで、
なかなか音が出ない〜


IMG_5268

(結構古いYAMAHAのミキサーでした

そして、本番中も音の調整はできないとのこと・・・

これはまずい!と感じ、途中から音響は
自分たちに任せてもらうことにしました

人が入っていないリハーサル時にある程度音をつくっても、
お客さんの入り具合によっては随分音が変わってしまうので
ちょっと心配でしたが、もうここは勘で・・・!!!

エンジニアの知識を持っているやすちゃんがいて
本当によかったと思った瞬間

いやはや、いつもの日本での環境が
良過ぎるだけなのだと思いますが・・・
ちょっと慌ててしまいました



・・・・そんなこんなで、なんとかリハーサルを終え、
席で飲み物を頂いていると、
辺りが暗くなった頃から、どんどん人が集まってきて
あっという間にお店がいっぱいに!!


IMG_5270

ステージからの眺め

みなさん、地面に座ってじっと見てくださいました〜
結局100人くらいの方が観に来てくれましたよ〜

音響のことはちょっと心配でしたが、
本番が始まったら一気に集中できて、
自分でも納得できる歌が唄えました!

CDも売れました〜


でね・・・
ライブ写真なのだけれど、
撮って下さったポーランド人のカメラマンさんと連絡が取れず、
いまだ待ち状態です(笑)
ごめんなさい


ライブのあとはいろいろな方が話しかけにきてくれて
すっごく嬉しかったなぁ

「すごく好みのサウンドだった!」
「日本語に興味があるので嬉しい!」
「普段聴けないような音楽が聴けてよかった!」

そんな感想をたくさん頂けて、
超ハッピでした〜〜

『音楽は国境を越える』ってよく言うけど
本当にその通りなんだな〜って思ったよ



IMG_5271

彼女は日本語を勉強しているんだって


IMG_5276

ポーランドのみんな〜ありがとう!!
大好き〜〜!!
また来るねっ


これからも色々な国で色々な人種の人たちと
音楽を通じて喜びを感じ合うことができたら
最高に幸せだなぁと思います 


・・・これにてelfin ポーランド遠征記
終了ですっ!
読んで下さってどうもありがとうございました

 

追伸
 
IMG_5279

おいしかったポーランドの炭酸水


2015年書き残しシリーズです  

elfin ポーランド遠征記の続きを書きたいと思います!  

ポーランド遠征記 その1  
ポーランド遠征記 その2  
ポーランド遠征記 その3  
ポーランド遠征記 その4 
ポーランド遠征記 その5
 
こちらの続きです  


----------------------------------------------------------------------------------------------------- 


翌日ライブをする『Piwnicy Kany』を
下見させて頂いた後は、
お店が立ち並ぶ賑やかな通りへ


IMG_5235


海外に来たら、
スーパーマーケットは外せない

ショッピングモールのなかに入っている
少しお上品な雰囲気のスーパーに入ってみました

IMG_5237

通路がひろ〜い
そして、デリが充実


IMG_5236

日本では見掛けたことのないタイプの
(蓋部分だけ)缶ジュース

シースルーでかわいい


IMG_5238

鮮魚コーナー

ドイツ・ベルリンやミュンヘンのスーパーは、
お魚コーナーがほんっとに小さくて
むしろ鮮魚を売っていない所のほうが多いくらいでしたが、
こちらのスーパーはわりとたくさん並んでいました


でねでね、こうして色々な国のスーパーや市場をまわるたびに、
やっぱり日本はお魚天国だな〜!!と思うんです

そんなに大きくないスーパーマーケットであるにも関わらず、
お刺身で食べられるくらい新鮮な魚介類が
何種類も並んでいる(しかも超リーズナブル)国なんて
そうそうありませんから

とりわけお寿司のことを考えると、日本を離れられません(笑)



IMG_5239

夕食は、ウッドを基調とした
雰囲気の良いレストランへ

恥ずかしながら、
『インディーズミュージシャン』って
 昔から"カツカツ貧乏風イメージ" があったので、

若き頃はツアー中に素敵なレストラン入ることに
ちょっと抵抗があったのですが
やっぱり落ち着いた雰囲気のレストランやカフェが
スキだなぁ〜と改めて実感

ただ、すっごく頭を使って裏技を考えたり、
チープな屋台をめぐったりする節約旅も
未だに大好きですが



・・・今回はライブのことで頭がいっぱいで
観光スイッチが入っていなかったため、
これだけしか街の様子を撮っていなかったの〜

あまりポーランドらしい風景をお伝えできなくて
ごめんなさい




IMG_5245

さて、素敵なディナーを頂いたあとは、
お部屋に帰って、スーパーで買ってきたブルーベリーと
ヨーグルトでデザートタイムを楽しみました

ポーランドはね、
スーパーで買った炭酸水とヨーグルトが
すっごく美味しかった

炭酸水に入っている炭酸のキメがとっても細かくて
近隣のヨーローッパ諸国とは違う味がしたんだ!

ヨーグルトは、
ドイツやフランスで食べたものより
ミルキーなのに後味が爽やかで、独特の味がしたの
日本のヨーグルトとは全然違うんだよ!

また食べたいな〜


・・・次回はいよいよライブ当日の模様をお届けします


つづく

 

2015年書き残しシリーズです 

elfin ポーランド遠征記の続きを書きたいと思います! 

ポーランド遠征記 その1 
ポーランド遠征記 その2 
ポーランド遠征記 その3 
ポーランド遠征記 その4

こちらの続きです 


-----------------------------------------------------------------------------------------------------


アパートメントで一息ついたあとは、
翌日ライブをする『Piwnicy Kany』の下見も兼ねて
シュチェチン散策へ出掛けました



IMG_5211

ヨーロッパは、何気ない通りの石畳がいいの



IMG_5210

大通りの向こう側に見える、
エメラルドグリーンの屋根は教会。

そのすぐ近くに『Piwnicy Kany』があります。



IMG_5213

大通り沿いで一際オーラを放っていた石門。
なんと中はカフェになっていました!!

石門カフェ!?



2015-12-02-03-14-27

広場発見



IMG_5215

午後の静寂の中、教会を背に天使様が・・・
なんて美しい羽根なんだろう




IMG_5216

この建物が、ライブ会場『Piwnicy Kany&TEATR KANA』です!

the ヨーロッパだー!!
すごく素敵〜〜



IMG_5217

入り口は地下です!



IMG_5224

中はこんなかんじ
右奥にも席がたくさんあります

なんだか、お酒が飲みたくなる雰囲気だよね!
友人ドラマーしのりんが好きそう



IMG_5227

まだお店は夜の営業前だったのですが、
スタッフさんに明日出演の旨を伝えると、
笑顔でドリンクをつくって下さいました〜

アイスカフェラテを注文したら、
パフェのように大きなグラスで出て来たのでびっくり〜

うれしい!!


明日はよろしくお願いします




IMG_5234

ああ、なんて美しい空・・・!!
涙が出そうでした。



・・・次回はポーランドのスーパーとレストランをご紹介します


つづく



 2015年書き残しシリーズです

elfin ポーランド遠征記の続きを書きたいと思います!

ポーランド遠征記 その1
ポーランド遠征記 その2
ポーランド遠征記 その3

こちらの続きです


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


IMG_5196

クラクフでライブをした翌日は、
同じくポーランドのシュチェチン(Szczecin)に向かいました!
シュチェチンは、ドイツとの国境沿いにある都市です。

ベルリン〜クラコフ間は長距離バスを利用したので、
今度はポーランド国鉄 長距離列車(PKP Express InterCity)の
1st Classで移動することにしました!



IMG_5183

じゃーーん!
1等座席は6人掛けのコンパートメントタイプ。
シートも倒せるし、温度調節もできるし、えらく快適!!

2等座席はほぼ満席になっていたにも関わらず、
1等座席はそこまで混まなかったので、
クラクフからシュチェチンまでの9時間、
この部屋、ふたりで貸し切り状態でした〜!!
かなりよかった〜!!!

もしポーランドを旅する際はPKP Express InterCity
の1st Class、絶対おすすめです!!
料金は、クラクフ〜シュチェチン間で一人3500円!!
日本に比べると、相当安いっ!


メモ

ここからPKP Express InterCityの
チケット予約・購入ができますよ!
言語選択で英語表記にできます。

webチケットを印刷していって、
当日、指定の列車に乗ればOKです。
駅に改札はありません。
席に座っていると、駅員さんがチケットを拝見しにきます。





IMG_5199

・・・そして、ついにシュチェチン中央駅に到着〜〜〜!!
ドイツに近いせいか、雰囲気がどことなくベルリンに似ていて、
ホッとしちゃった(笑)


中央駅からはトラム(路面電車)に乗って
予約していたアパートメントホテルへ。


鍵の受け渡しをしてくれる方が、ポーランド語しか話せなかったので、
ポーランド語がわからないわたしたちは、
なんとな〜く、お部屋の使い方や鍵の置き場所などをきいて、
料金を支払い、手続き完了


「アパートメントホテル」は、いわゆる「ホテル」とは違って、
普通のアパートの一室を貸してもらう感覚です。

レセプションがなく、常駐スタッフさんがいないことが
ホテルとの大きな違いかな。

たまに不便なこともあるけど、
アパートメントホテルは現地の雰囲気が味わえるから、
個人的にホテルよりも好きなんだ〜



お部屋はこんなかんじ

IMG_5206

リビング


IMG_5205

キッチン


IMG_5203

バスルーム


IMG_5202

寝室


期待以上によかった
チームelfinのみんなで泊まれるくらい広かったよ〜
今度みんなと来れたらいいな〜

外観を撮るのを忘れちゃったんだけど、
伝統的な石造りの素敵なアパートでした!


・・・『elfin ポーランド遠征記』次回は
シュチェチン散策の模様をお送りしたいと思います


つづく

 

↑このページのトップヘ