タグ:Café

世界のカフェめぐりシリーズです

今回は、2015年に訪れた
プラハの地下鉄B線Národní třída駅近くにある、
カフェ・ルーヴル”をご紹介したいと思います


・・・カフェ・ルーヴルに到着!!
2016-12-22-18-49-23
ルーヴルは、1902年創業の老舗カフェで、
あのフランツ・カフカも通っていたそうです



2016-12-22-18-51-44
中に入ると更に扉が・・・!!
これだけでワクワクしてきちゃいますね〜



image
じゃじゃ〜ん!
店内の様子

高級感のあるレトロな内装と、このテーブル&椅子が、
ザ・老舗カフェ!という感じで素敵

スタッフさんのユニフォームも
かっこ良かったです



2016-12-22-18-47-56
こちらはカプチーノ☆
トレーとグラスがオシャレ〜



2016-12-22-18-48-41
わたしは、オレンジの入ったレアチーズケーキを頼んでみました☆
たっぷりと絞られた濃厚な生クリームが嬉しかった〜

しかし、さすがヨーロッパ!
サイズが大きい



2016-12-22-18-41-22
こちらはやすちゃんが頼んだケーキの盛り合わせ。
盛りつけが芸術的


ここはケーキが美味しかったので、
ケーキ好きの方におすすめしたいカフェです




2016-12-22-18-49-50
↑カフェ付近(新市街)の様子。
オシャレなお買い物エリアでした☆



■Café Louvre(カフェ・ルーヴル)
Národní 22, Praha 1, 110 00Národní třída
724 054 055, 224 930 949
Café Louvre(公式サイト)



ドイツ・ベルリンのカフェめぐりシリーズです  ♪ 


今回は、ベルリンのゾーンB、
シュプレー河のほとりにあるクールなカフェ
"Kranhaus Café(クランハウスカフェ)"
をご紹介したいと思います!!



2016-12-02-13-37-27
場所は、SバーンのSchöneweide駅からトラムに乗り換え、
Rathenaustr./HTW (Berlin)駅下車、徒歩7分ほど。
シュプレー河に沿って歩いていきます

フロリアンの通っていた大学のすぐ近くにあるカフェです



2016-12-02-13-36-50
はぁぁ〜〜キレイ〜〜✨

しっかし、川沿いは本当に寒いです !!
この日は気温4℃くらい。
体感気温は1℃

2011年2月にベルリンに来たときは、
マイナス8℃でした〜!
年によってはマイナス20℃以下になることもあるとか

千葉と東京にしか住んだ事のないわたしには
もはや想像できない寒さです!!



2016-12-02-13-38-20
Kranhaus Caféが見えてきました〜!!

お店にKran=クレーンという名が付いているだけあって、
建物の上に見えるのは、
クレーンです



image
どーーん!!
近くで見ると、すっごい迫力!!

この建物は昔、
シュプレー河につく船に、
クレーンで石炭を運んでいた工場だったそう

こういう建物をカフェやクラブにしてしまうところが
旧東ベルリン!って感じで素敵です




2016-12-02-13-38-53
広いお庭には砂が敷いてあり、
お子様が遊べるようになっています☆

砂の上に机と椅子があるこの風景、
なんだかシュールで好き



2016-12-02-13-39-51
こちらはお店正面。
ウッドデッキの上がテラス席になっています。

美しいシュプレー河を見ながら
お茶ができるって最高〜☆



2016-12-02-13-40-30
店内の様子です☆

フードの写真はNGということだったので、
残念ながら掲載できないのですが、
どれもすっごく美味しかったんですよ〜〜 !!

メニューは、サンドイッチ、グラタン、ケーキ、
タルト、キッシュ、サラダなど。

フードは、女性の店長さんの手作りで、
タイミングによっては焼きたてを食べられることも☆


中心地から離れたゾーンBということもあり、
落ち着いた雰囲気なので、
ひとりで作業するのにも良さそうでした!


工場がカフェになった、ベルリンらしいクランハウスカフェ、
ベルリンを訪れた際には、
ぜひ足を運んでみてくださいね


■Kranhaus Café(クランハウスカフェ)
Paul-Tropp-Straße 11 Berlin 
facebookページ:https://www.facebook.com/KranhausCafe/



↑このページのトップヘ